オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読むBACK NUMBER

『東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典』
再びめぐりくる東京五輪を前に
味読したい1964年の文士の祈り。 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/03/11 07:30

『東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典』再びめぐりくる東京五輪を前に味読したい1964年の文士の祈り。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『東京オリンピック 文学者の見た世紀の祭典』講談社編 講談社文芸文庫 1964年刊、2014年文庫化 1600円+税

 1964(昭和39)年の東京オリンピックでは、文学者たちがこぞって新聞・雑誌に原稿を寄せた。戦後はじめての大イベント、文士たちも総動員されたのであろう。観戦記や随筆を集めたのが本書である。

 スポーツと五輪への関心の度合いはそれぞれで、「無関心派」(菊村到)「落第」(阿川弘之)「さっぱり興味がない」(瀬戸内晴美=寂聴)「オリンピックはオリンピック、それだけのこと!」(大江健三郎)……など、ネガティブ派も多いのであるが、それなりに読ませるのは物書きの技であろう。

 三島由紀夫は関心派といっていいのだろう、陸上、水泳、ボクシング、重量挙げ……など、10本以上の観戦記を寄せている。男子陸上100mの覇者、ボブ・ヘイズの圧倒的な走りに対しては「彼は空間の壁抜けをやってのけたのだ」と形容している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 507文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ