SCORE CARDBACK NUMBER

JBCの「判定負け」で、
頭をよぎった2つの判決。
~亀田3兄弟とアリは違うが……~

posted2020/02/22 18:00

 
JBCの「判定負け」で、頭をよぎった2つの判決。~亀田3兄弟とアリは違うが……~<Number Web> photograph by KYODO

判決後、北村晴男弁護士(左)と会見を行った亀田興毅。JBCに対しては「関わった方全員の辞任」を要求した。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

KYODO

 亀田3兄弟らが日本ボクシングコミッション(JBC)を訴えた裁判で、1月31日、東京地裁は全面的に亀田側の言い分を認める判決を下した。損害賠償額は亀田側の要求した約6億6400万円ではなく4550万円だったが、これでも今のJBCには負担が重く、破綻の危機さえ取りざたされている。統括団体として、ボクシング界の法の番人たるJBCにとっては手痛い「判定負け」である。

 ボクサーが受けた処分に納得せず裁判で争うことは滅多にないが、今回の件で即座に頭に浮かんだ2つの裁判がある。ひとつはWBCがドイツのボクサー、グラシアノ・ロッシジャーニに訴えられ、2003年に米国の裁判所から約3000万ドル(約36億円)の莫大な損害賠償を命じる判決を下されたケースだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桑田佳祐響け!音楽とスポーツ

Sports Graphic Number 997

桑田佳祐
響け!音楽とスポーツ

 

関連記事

亀田興毅
モハメド・アリ

ボクシングの前後の記事

ページトップ