F1ピットストップBACK NUMBER

ハミルトンが語ったF1と環境問題。
「何を信じて、どう選択するか」
 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/01/19 20:00

ハミルトンが語ったF1と環境問題。「何を信じて、どう選択するか」<Number Web> photograph by Getty Images

2014年から導入されたパワーユニットはエンジンと2種のエネルギー回生システムの複雑な組み合わせで高い熱効率を実現している。

未来ではなく、現在の問題である。

 とはいえ、ハミルトンが語っているように、いま大切なのはどちらが正しくて、どちらが間違っているのかを議論することではない。すべての人が環境について考え、自分にできることを実行することを優先しなければならない。

 環境問題は未来の課題ではなく、すでに直面している喫緊の問題だからだ。

 そのひとつが、オーストラリア南東部を中心に各地で続く森林火災だ。メルボルンで1月中旬から始まったテニスの4大大会の1つ、全豪オープンの予選では、火災による大気汚染で一部の試合の開始時間が遅れたほか、市民生活にも影響が出始めている。

 メルボルンはF1の開幕戦オーストリアGPの舞台である。グランプリが開幕する3月13日まで、すでに2カ月を切った。

 オーストラリア出身のダニエル・リカルドは、母国の被災者に向け募金活動を開始。自身のレーシングスーツを提供した。ハミルトンも50万オーストラリア・ドル(約3800万円)を寄付した。

 F1は'30年までに二酸化炭素排出量“実質ゼロ”を目指すと発表した。そのF1を愛する私たちは、何をすべきか? 自分の心に、そっと問いかけてみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ルイス・ハミルトン
セバスチャン・ベッテル

F1の前後の記事

ページトップ