新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと』史上2人目の日本人NBA選手が実践し続ける「当たり前」のこと。 

text by

サンキュータツオ

サンキュータツオ

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2019/12/24 07:30

『「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと』史上2人目の日本人NBA選手が実践し続ける「当たり前」のこと。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『「好き」を力にする NBAプレーヤーになるために僕が続けてきたこと』渡邊雄太著 KADOKAWA 1300円+税

 田臥勇太以来14年ぶり、日本人としては史上2人目のNBA選手になった渡邊雄太。今年はさらに八村塁が加わったほか、その後も日本人選手のNBA挑戦が続いており、以前より現実的なものとなっている。しかし渡邊は八村のようにドラフトにかかったわけではなく、2WAY契約といういわば一軍と二軍の間を行き来して、なんとか一軍の選手登録に残れればというポジション。2mを越え、シュートが上手い選手というのは日本では特別だが、アメリカでは少なくない。ただ、そこでも渡邊は下を向かず、他の選手がすぐに契約を切られてしまうなかで、ひとまずは1年を乗り切った。これは偉大なことなのだ。その精神力や努力できる姿勢はどこからくるのか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 687文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

関連記事

渡邊雄太
メンフィス・グリズリーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ