Number ExBACK NUMBER

イチローとMLBオールスター。
10年連続出場の内訳を分析。

posted2019/12/20 17:00

 
イチローとMLBオールスター。10年連続出場の内訳を分析。<Number Web>

「ICHIRO Perfect Book A to Z」では【A】=【All-Star/オールスター】、【B】=【Bobble Head/ボブルヘッド】、【H】=【Hit/ヒット】とアルファベット26項目でイチローを分析。

text by

田村航平(Number編集部)

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

PROFILE

ムックNumber PLUS「イチローのすべて」では、イチローがメジャーリーグで残した記録を辞典風にまとめた24ページの「ICHIRO Perfect Book A to Z」を掲載しています。最初の項目【A】は【All-Star/オールスター】で、イチローのオールスター出場歴をまとめました。

 イチローがメジャーリーグで初めてオールスターに出場したのは、ルーキーイヤーの2001年。

 開幕戦の2安打を皮切りに球団新人記録の23試合連続安打、7試合連続複数安打、両リーグ最速100安打と勢いが止まらない。前半戦を終えて、スタメン出場した試合で2試合連続の無安打は一度もなかった。

 その年のオールスターは奇しくも、本拠地シアトルでの開催。デビューからたった3カ月で全米を席巻していたイチローは両リーグトップの337万3035票を集め、初出場を果たす。

 7月10日、ア・リーグの「1番・センター」でスタメン出場を果たすと、ナ・リーグ先発のランディ・ジョンソンから一塁内野安打を放った。

 以後、2002年、2003年と両リーグ最多得票で選出され、「新人から3年連続オールスター最多得票」という史上初の記録を作る。

 2004年は最多得票をアルフォンソ・ソリアーノ(レンジャーズ)に譲り、2005年はファン投票4位で選手間投票での選出となったが、2006年から2010年までは5年連続でファン投票で選ばれ、ア・リーグのリードオフマンを務めた。

 特に2007年は、オールスター史上初のランニング本塁打を含む3安打2打点の活躍でMVPを受賞。イチローが出場した10年間で、ア・リーグは8勝1敗1分と大きく勝ち越している。

 2001年と2010年のア・リーグのスタメンを比べてみると、イチロー以外の顔ぶれは大きく様変わりしていることがわかる。

2001年ア・リーグ
1(中)イチロー
2(三)アレックス・ロドリゲス
3(左)マニー・ラミレス
4(二)ブレッド・ブーン
5(右)フアン・ゴンザレス
6(一)ジョン・オルルド
7(指)エドガー・マルティネス
8(遊)カル・リプケンJr.
9(捕)イバン・ロドリゲス
 (投)ロジャー・クレメンス

2010年ア・リーグ
1(右)イチロー
2(遊)デレク・ジーター
3(一)ミゲル・カブレラ
4(中)ジョシュ・ハミルトン
5(指)ウラジミール・ゲレーロ
6(三)エバン・ロンゴリア
7(捕)ジョー・マウアー
8(二)ロビンソン・カノ
9(左)カール・クロフォード
 (投)デビッド・プライス

 上記の選手で、2019年のオールスターに出場した選手はいない。イチローと年齢の近いジーターとロドリゲスは通算14回も出場しているが、その2人ですら10年連続での出場はできなかった。

 10年も続けてオールスターに選ばれるだけの成績を維持していたことも、イチローの勲章のひとつだった。

「ICHIRO Perfect Book A to Z」では【A】のほかにも【B】=【Bobble Head/ボブルヘッド】、【C】=【Cooperstown/野球殿堂】と続き、イチローにまつわる事柄を【Z】=【Zero/イチローが一度も経験しなかったこと】まで掲載しています。詳しくはNumberPLUS「永久保存版 イチローのすべて」でぜひ、お読みください。
<永久保存版>イチローのすべて

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS January 2020

<永久保存版>
イチローのすべて

1992-2000 ORIX BLUEWAVE
2001-2012 SEATTLE MARINERS
2006&2009 WBC
2012-2014 NEW YORK YANKEES
2015-2017 MIAMI MARLINS
2018-2019 SEATTLE MARINERS

【別冊付録】 「Number」イチロー全表紙写真集
【特典】 ICHIROゴールドカード

定価:本体2200円+税目次ページへ

関連記事

イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ