濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

大晦日“目玉”の1つは女子王座戦。
8年ぶり3度目、浜崎vs.ハムの感慨。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2019/12/19 11:30

大晦日“目玉”の1つは女子王座戦。8年ぶり3度目、浜崎vs.ハムの感慨。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

浜崎未加とハム・ソヒとの初対戦は2010年の年末だった。女子格闘技の世界は当時と様変わりしている。

「アメリカで活躍しても注目されないなんて」

 観客500人ほどの新宿FACEで開催されてきたJEWELSからアメリカを経て、大晦日のタイトルマッチへ――。

 彼女たちが出世したとも、時代がようやく追いついたとも言える。師匠である藤井惠が「アメリカで活躍しても注目されないなんて」と浜崎の不遇を嘆いていたのが遥か昔のことのように感じる。筆者がアメリカで浜崎のプロ初黒星を目撃してしまったのは6年前のことだ。

 あれから何もかもが変わった。

“格”で見ればメインの資格も充分!

 大会メインイベントについて聞かれると、浜崎はこう答えた。

「やりたいです。任せてほしい。女子でもメインを張る試合ができるっていうところを見せたい」

 朝倉vs.ケイプは王座決定戦だから、格闘技界の慣例でいえば浜崎vs.ハムのほうが“格上”と言ってもいいだろう。階級で比較するとイリー・プロハースカvs.C.B.ダラウェイのライトヘビー級選手権のほうが上。しかし初防衛戦のプロハースカに対し、浜崎は2度目の防衛戦になる。

 ともあれ、浜崎vs.ハムの50kg以下女子最強決定戦が、そのストーリーも含めてより広く知られることを願う。たくさんの人に見てもらいたいという意味で、この試合はまさに“大晦日向き”だ。

関連記事

BACK 1 2 3
浜崎朱加
ハム・ソヒ
那須川天心
江幡塁
エメリヤーエンコ・ヒョードル
クイントン・ジャクソン
RIZIN
ベラトール

格闘技の前後の記事

ページトップ