ボクシングPRESSBACK NUMBER

井上尚弥、村田諒太の2020年は?
世界最高のプロモーターが語る野望。

posted2019/12/18 08:00

 
井上尚弥、村田諒太の2020年は?世界最高のプロモーターが語る野望。<Number Web> photograph by Getty Images

88歳となった今でも健在のボブ・アラム。井上、村田両選手に大いに期待を寄せている。

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph by

Getty Images

“世界最高のプロモーター”。そんな称号をほしいままにしてきたボブ・アラムと米興行大手トップランク社にとっても、日本は重要なマーケットの1つになった感がある。

 トップランク社はWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)に続き、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とも複数年契約を結び、日本が誇る2大スターを傘下に収めた。この両選手にとっても2020年は極めて重要な1年になりそうだ。

 12月14日、トップランク社にとっては今年最後の大イベントとなるテレンス・クロフォード(アメリカ)vs.エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)のWBO世界ウェルター級タイトル戦をメインとする興行が、ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンで行われた。「殿堂」と呼ばれるアリーナのリングサイドで、上機嫌だったアラムは井上、村田の今後のプランをじっくりと話してくれた。

長年の恋人を語るように。

「井上に関しては、4月、ラスベガス興行のメインイベント登場が基本線です。『大きなプラットフォームを提供する』というのが、井上サイドとの契約時に交わした取り決めでした。現在、MGMグループとも話はしており、試合はMGM系列のアリーナで開催予定です。アメリカでの井上のファイトを、できるかぎり大きな話題を呼ぶものにしたいと考えています」

 88歳になったアラムが目をキラキラと輝かせ、まるで長年の恋人について話すかのような姿が印象的だった。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ終了後、晴れて複数年契約を発表し、日本のモンスターを自前の選手としてプッシュできるのが嬉しくて仕方ない様子。老プロモーターの言葉を聞く限り、井上がMGM傘下のアリーナでトップランク社との契約初戦を行うことはほぼ間違いなさそうだ。

「MGMグループには井上のスポンサーになりたいという希望があり、その件について私たちと話をしている最中です。すでに多くの面で同意が得られていますが、まだ正式契約には至っていません」

 2018年4月、村田がMGMとスポンサー契約を結んだことがニュースになったが、井上にも同じサポートがつく可能性が高いようだ。MGMグループはグランドガーデン・アリーナ、マンダレイベイ、パークといったキャパシティの違う複数のアリーナを保持しており、そのいずれかがベガスでの井上の主戦場になるのだろう。当初は小さめの会場でのお披露目となるかもしれないが、いずれ知名度の高いMGMグランドガーデン・アリーナでメインに起用される日が来ても不思議はない。

【次ページ】 井上の対戦相手は誰に?

1 2 3 NEXT
村田諒太
井上尚弥
ボブ・アラム

ボクシングの前後のコラム

ページトップ