SCORE CARDBACK NUMBER

“村田諒太を倒した男”が挑んだ
プロからの五輪出場。
~引退から7年後にアマで復帰~

posted2019/12/17 10:00

 
“村田諒太を倒した男”が挑んだプロからの五輪出場。~引退から7年後にアマで復帰~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

試合後、無念の表情を浮かべた佐藤(右、日本大学)は「あとひと息だったのに……」と涙も隠さず悔しがった。

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

BOXING BEAT

 今年の全日本ボクシング選手権大会は東京五輪の代表を決める国内最後の選考会を兼ねており、メディアの注目度が高かった。

 五輪のメダルも期待される逸材岡澤セオンが大会MVPに選出されるなど、見どころはいくつもあったが、ここで取り上げたいのは、元東洋太平洋ミドル級王者で世界挑戦歴もある佐藤幸治の挑戦だ。

 全日本まで残れなかった高山勝成(世界4団体で元ミニマム級王者)と異なり、佐藤の強みはプロになる前にアマでたっぷりと経験を積んでいること。全日本を5連覇するなど無敵のボクサーであり、本人は自慢しないものの、高校生の村田諒太にも勝っているのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 638文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

関連記事

佐藤幸治
村田諒太
森脇唯人
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後の記事

ページトップ