競馬PRESSBACK NUMBER

アーモンドアイ回避も注目の香港GI。
4レースに臨む日本馬9頭は“買い”。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/12/06 17:00

アーモンドアイ回避も注目の香港GI。4レースに臨む日本馬9頭は“買い”。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

右からインディチャンプ、ディアドラ、アドマイヤマーズ、ウインブライト。昨年は日本馬未勝利。巻き返しはなるか。

香港カップにはウインブライト。

 メインレースとなる香港カップ(芝2000メートル)にはウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が出走する。この春には中山金杯(GIII)、中山記念(GII)を連勝後、勇躍わたった香港でクイーンエリザベスII世カップ(GI)を優勝。今回の香港カップと全く同じ競馬場、同じ距離でGIを制した実績は大きい。

 今秋はオールカマー(GII)、天皇賞(秋)(GI)でそれぞれ9、8着に敗れたが、優勝した中山記念ではラッキーライラック、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロ、ディアドラといった錚々たるGIホースをまとめて負かしてみせた。

 今回はアイルランドのマジックワンド(牝4歳、愛、A・オブライエン厩舎)や地元のライズハイ(せん5歳、香、C・ファウンズ厩舎)やフローレ(せん5歳、香、F・ロー厩舎)の他、展開のカギを握りそうな昨年の覇者グロリアスフォーエバー(せん5歳、香、F・ロー厩舎)、タイムワープ(せん6歳、香、A・クルーズ厩舎)ら少頭数のわりに骨っぽいメンバー構成ではある。ただ春に見せた力を出し切る事が出来れば、勝ち負けしておかしくないだろう。

 ちなみに畠山調教師で臨んだ枠順抽せんは大外枠。それでも8番なので心配は不要だろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
インディチャンプ
ディアドラ
アドマイヤマーズ
ウインブライト
ノームコア
ダノンスマッシュ
ラッキーライラック

競馬の前後の記事

ページトップ