競馬PRESSBACK NUMBER

アーモンドアイ回避も注目の香港GI。
4レースに臨む日本馬9頭は“買い”。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/12/06 17:00

アーモンドアイ回避も注目の香港GI。4レースに臨む日本馬9頭は“買い”。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

右からインディチャンプ、ディアドラ、アドマイヤマーズ、ウインブライト。昨年は日本馬未勝利。巻き返しはなるか。

有力な日本馬が数多い香港マイル。

 日本馬に大きな期待がかかるのが香港マイル(芝1600メートル)だ。

 ここにはアドマイヤマーズ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)、インディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ノームコア(牝4歳、美浦・萩原清厩舎)、ペルシアンナイト(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)の4頭が出走予定。10頭立てのうち4頭を、現在日本でもトップクラスを争うマイラーで占められたのだから、期待が大きくなるのは当然だ。

 アドマイヤマーズは秋初戦の富士S(GIII)こそ流れも向かず9着に敗れたが、春にはNHKマイルC(GI)を制し、2歳時にも朝日杯フューチュリティS(GI)を優勝しているように、マイルが得意なのは疑いようがない。

 そのアドマイヤマーズを富士Sで負かしたのがノームコアだ。春にはヴィクトリアマイル(GI)を1分30秒5というレコードで制しており、本格化を思わせる。4日の最終追い切りを見た萩原調教師も「良い動きでした」と満足そうに語っており、前2走に続き三たびとなる一発があるかもしれない。

日本馬の上位独占もあり得る。

 また、マイルチャンピオンシップ(GI)で1、3着だったのがインディチャンプとペルシアンナイト。前者は春には安田記念(GI)を優勝。現状、日本のチャンピオンマイラーと言える存在であり、香港の芝さえこなせれば好勝負必至だろう。

 また、後者はマイルチャンピオンシップに3年連続で出走して1、2、3着。昨年の香港マイルでは5着だったが、巻き返しを願いたい。

 地元勢では香港JCマイル(GII)の上位組に期待がかかるが、中でも焦点になるのは同レース3着のビューティージェネレーション(せん7歳、香、J・ムーア厩舎)の巻き返しがあるかどうか。

 近2走連敗中のこの馬がすでにピークを越えたのだとすると、日本馬の上位独占まであっておかしくなさそうだ。

【次ページ】 香港カップにはウインブライト。

BACK 1 2 3 4 NEXT
インディチャンプ
ディアドラ
アドマイヤマーズ
ウインブライト
ノームコア
ダノンスマッシュ
ラッキーライラック

競馬の前後の記事

ページトップ