テニスPRESSBACK NUMBER

フェデラーが絡まない片手打ち決戦。
チチパス対ティームの新鮮な興奮。 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/21 19:00

フェデラーが絡まない片手打ち決戦。チチパス対ティームの新鮮な興奮。<Number Web> photograph by Getty Images

ATPファイナルズを制したチチパス。片手打ちバックハンドのフォロースルーが非常に美しい。

チチパスの恐れとティームの自信。

 それに関してチチパスはどこか弱気だ。

「早いラウンドで誰かががんばって彼らを倒さないと、勝ち進めば進むほど彼らはどんどん強くなっていく。3セットマッチならなんとかなることがあっても、5セットマッチのグランドスラムではその壁を壊せないんだ。コートにいる時間が長くなれば、彼らはいずれ必ず本来の力を発揮するから」

 対照的にティームはこう断言した。

「来年は僕らが必ずやってみせる。サーシャ(・ズベレフ)もステファノスも僕も、今とてもいいテニスをしている。若いグランドスラム・チャンピオンの誕生をもうすぐ見ることができると思うよ」

 ティームの自信も、チチパスの怖れさえも、新たな時代を作る原動力なのかもしれない。長く続いたテニスのすばらしい時代は廃るのか、未来に残るのか――2020年のツアー模様からいっそう目が離せない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
ステファノス・チチパス
ドミニク・ティーム
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後の記事

ページトップ