Number ExBACK NUMBER

上田瑠偉、「12秒差」の逆転劇。
スカイランニング世界王者の誕生。

posted2019/11/14 07:00

 
上田瑠偉、「12秒差」の逆転劇。スカイランニング世界王者の誕生。<Number Web> photograph by Sho Fujimaki

上田瑠偉(手前)は最後まで優勝を争ったオリオル・カルドナにも讃えられ、世界一になった。

text by

千葉弓子

千葉弓子Yumiko Chiba

PROFILE

photograph by

Sho Fujimaki

 最初は、声援だった。

 レースは終盤を迎えていた。2つの大きなピークを越え、後半の6kmに及ぶ長い下りがあとわずかで終わるというそのとき、上田瑠偉は異変に気づいた。

 1つ目の登りで先頭に立ってから、ここまで順調にトップを維持し、ゴールまでは残り3km。最後の下りに入る前に、サポートクルーから「後続との差は2分」と告げられていた。

「このまま逃げ切れるかもしれない」

 岩稜帯のダウンヒルで上田が自らの優勝を確信しかけていたそのとき、突然、後方から大きな声援が沸き起こった。

「フォルツァ! フォルツァ!!」

「DAI DAI DAI!!」

 2位のランナーが迫っている、しかもすぐ近くまで。思わず振り返ると、最大のライバル、スペインのオリオル・カルドナの姿が見えた。その差はわずか50mほどで、瞬く間に背後に追いつかれた。

並ぶ間もなく抜き去られた。

 登りのスピードにおいて国内では無敵を誇る上田は、シリーズ戦を転戦するうち、世界の舞台でも自分の武器が通じることを認識していた。その反面、現時点では下りでヨーロッパ勢に勝てないことも理解していた。それでも、直前のエイドでは2位ですらなかったはずのオリオルが下りでここまで猛烈に追い上げてくることは、予想外だった。

 瞬時に足の置き場を見極め、ライン取りしなければならないテクニカルな斜面を、上田は両サイドからオリオルに入り込まれないよう必死に下っていく。

「えっ、あっ!」

 わずか一瞬の隙。オリオルは上田の想像を遥かに超える大胆なラインを選び取り、大きな岩の段差を飛ぶように下って抜き去った。

「まじかっ……」

【次ページ】 駅伝の名門校からトレイルの世界へ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

上田瑠偉
オリオル・カルドナ

陸上の前後のコラム

ページトップ