SCORE CARDBACK NUMBER

競馬界の損失を防ぐための提言。
大横綱・武豊を「一代調教師」に!

posted2019/11/04 08:00

 
競馬界の損失を防ぐための提言。大横綱・武豊を「一代調教師」に!<Number Web> photograph by KYODO

武豊は10月20日、菊花賞をワールドプレミアで制し、同競走史上最年長勝利を達成。最年少勝利記録('88年)も保持。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

KYODO

 相撲界には「一代年寄」という制度があり、横綱中の横綱、高いハードルを超えた大横綱に限り、引退後にしこ名のまま親方として部屋を持つことが許されている。大相撲の長い歴史の中で、大鵬、北の湖、千代の富士(辞退して九重を継承)、貴乃花の4人しかいないというのが絶大な重みだ。

 競馬界なら、武豊騎手が唯一無二の大横綱。突き抜けた存在として輝き続けている。本人は「調教師になる気はない」ともらし、「難しいのはわかっているが、5000勝は是非とも達成したい」と、事実上の生涯現役騎手宣言をしている。

 しかし、その方向性の裏には、調教師の70歳定年が足かせになっているのが容易に推察できる。武豊が還暦まで騎手でいてくれるのはファンとしてもうれしいが、それから調教師に転身したところで残り時間は10年もない。自分の目利きで仕入れた馬が活躍するまでの時間を考えれば、10年どころか6、7シーズンしか活躍のステージがないわけで、それでは魅力的な第二の人生とは言えない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 465文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ