GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

五輪に向け華麗に成長を続ける17歳。
サーフィン・松田詩野が宿す静かな自信。

posted2019/10/17 11:00

 
五輪に向け華麗に成長を続ける17歳。サーフィン・松田詩野が宿す静かな自信。<Number Web> photograph by Nao Nakai

9月のWSGでアジア選手最上位となり東京五輪への条件付き出場権を獲得した松田。シーズン終盤を迎えさらなる成長を期す。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Nao Nakai

 17歳になったばかりの少女が快挙を成し遂げた。

 9月に宮崎で行われたワールドサーフィンゲームス(WSG)。台風の影響を受けた荒波を捉え、波の頂点に板を当て鋭く切り返す得意の「オフザリップ」を連発し、アジア選手最上位の全体15位に。条件付きながら東京五輪の出場権を獲得したのだ。

 神奈川県茅ヶ崎市の海の近くに生まれ、両親の影響でサーフィンを始めた。6歳の時に訪れた地元のサーフィンスクールでは、初日に難なくボードの上に立って波に乗り、周囲を驚かせたという。「その時の気持ちよさは今でも覚えている」と話す。

 彼女の武器となるのが、柔軟な下半身を活かした鋭く華麗なターンだ。

「強みでもあり、もっと上達させたい部分でもあります。去年から(ジムでのフィジカル)トレーニングを続けていて、試合がない時は週に2回、家でできるメニューも組んでもらっています。手応えを感じたり、まだまだだなと思うときもあるけれど、継続することが大事と思っています」

「いい波を見分ける」という能力。

 そうした準備が実り、今年5月の第1回ジャパンオープンで初代女王となって、今回のWSGの日本代表選手の座を掴んだ。まさに波に乗っている状態の今季だが、一方で課題も口にする。

「いい波を見分ける力。上手い人と当たるほど、いい波を確実に掴まないと。変な波に手を出してプライオリティー(波に乗る優先権)を失わないようにしたいです」

 目標は2つ。「東京五輪でメダルを取ることと、(プロ最高峰の)チャンピオンシップツアー(CT)選手になっていつか優勝すること。みんなの目標になれるような選手になりたい」と話す。

【次ページ】 17歳でもすでに追われる立場に。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松田詩野
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ