GO FOR TOKYO 2020BACK NUMBER

五輪に向け華麗に成長を続ける17歳。
サーフィン・松田詩野が宿す静かな自信。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byNao Nakai

posted2019/10/17 11:00

五輪に向け華麗に成長を続ける17歳。サーフィン・松田詩野が宿す静かな自信。<Number Web> photograph by Nao Nakai

9月のWSGでアジア選手最上位となり東京五輪への条件付き出場権を獲得した松田。シーズン終盤を迎えさらなる成長を期す。

17歳でもすでに追われる立場に。

 日本代表チーム“波乗りジャパン”としてともにWSGを戦ったCT選手たちからは、多くの刺激を受けたという。

「日本チームで、みんなで応援しあいながら戦うのは心強かったです。今回のチームには(五十嵐)カノア君とか世界のトップの選手がいる。自分がCT選手とあたっても、そういう人たちに『いけるよ」』と言ってもらえると自信になります。CTの選手はみんなもちろんサーフィンもうまいけど、陸でもフレンドリーで、ポジティブな感じ。そういうところも真似して、近づいていきたいなと思っています。

 自分の同年代や、海外では年下の選手も出てきていて、いろんな技にトライしている。自分も挑戦を重ねて、試合にフォーカスしながら、でもサーフィンをもっと楽しむという気持ちも忘れないでやっていきたいと思っています」

 自身にはまだまだ伸びしろがあると話す17歳。五輪に出場したらどんな姿を見せたいか、という問いにはこう答えた。

「五輪までにはトレーニングを積んでパワーサーフィンもできるようになっていたい。見ている人が『おおっ!』となるようなサーフィンをしたいです。まだ来年も世界選手権があるのでまずはそこに出られるように。今後の試合も自分のベストを出せるようにして、学びながら勝っていって、もっと成長した姿になって五輪に挑みたいと思っています。CTにもいつでも行けると思える準備ができたらと思っています」

 自らの成長への静かな自信が、その眼には宿っていた。

松田詩野(Shino Matsuda)

2002年8月13日、神奈川県生まれ。6歳でサーフィンを始める。中2の16年7月にプロ資格取得。18年11月ISA世界ジュニアサーフィン選手権で女子U-16個人銀、団体金メダルを獲得。今年9月のISAワールドサーフィンゲームスでアジア最上位の15位となり、条件付きながら東京五輪の出場権を獲得した。10月16日~20日、宮崎県・日向市の「お倉ヶ浜海水浴場」で開催されているWSL QSシリーズ・サーフィン国際大会「white buffalo HYUGA PRO」に出場中。158cm。
「white buffalo HYUGA PRO」 http://www.worldsurfleague.jp/2019/white-buffalo/

<ラグビー日本代表 ベスト8進出の軌跡>突破

関連記事

BACK 1 2
松田詩野
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ