酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

カーショウやバーランダーより凄い、
ダルビッシュの後半戦2つの成績。

posted2019/10/07 11:30

 
カーショウやバーランダーより凄い、ダルビッシュの後半戦2つの成績。<Number Web> photograph by AP/AFLO

前半戦はなかなか勝ち星がつかなかったダルビッシュだが、後半戦のピッチングはさすがの能力を見せつけた。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 今年のダルビッシュ有は本当に、本当に、すごかったのだが、もどかしいことに、これがなかなか伝わらないのだ。

 打線の援護がなかったこともあるが、ダルビッシュがシーズン途中で突然「スーパーサイヤ人」みたいにパワーアップしたことは驚きだった。

 まずは昨年と今年の投手成績を比較しよう。

 2018年 8登板1勝3敗 40.0回 防御率4.95
 2019年 31登板6勝8敗 178.2回 防御率3.98

 昨年は右ひじの故障で8試合しか登板できず5月20日の登板を最後に負傷者リストに入ってしまった。

 一方で今季は3月30日の初登板からローテーションを維持して2013年以来6年ぶりに規定投球回数(162回以上)にも到達した(2017年は186.2回を投げたがア・ナ両リーグにまたがったので規定投球回数以上とはみなされず)。防御率3.98はナショナル・リーグ22位。勝利数は6勝だった。

 この数字だけを見れば「復活できたね」という程度だ。

 野球選手の成績は、1年ごとの成績の積み重ねで記録される。ダルビッシュのMLBでの平均防御率は3.57だし、年平均の勝利数は9勝だから昨年の成績は「良かったね」というのは確かに難しい。

勝敗、防御率だけで見てみると。

 でも、今年の後半に限れば、違うのだ。ダルビッシュ有は、MLB史上でもまれにみる凄い成績を残している。

<後半戦(オールスター後)だけのナ・リーグの防御率5傑 70イニング以上投げた先発投手>

1 フラハーティ(カーディナルス)
15登板7勝2敗99.1回 防御率0.91
2 デグロム(メッツ)
14登板7勝1敗94回 防御率1.44
3 グレイ(レッズ)
14登板6勝3敗85回 防御率2.12
4 ダルビッシュ有(カブス)
13登板4勝4敗81.2回 防御率2.76

5 ウィーラー(メッツ)
12登板5勝2敗76.1回 防御率2.83

「そうか、ダルビッシュは後半戦に限ったら、リーグ屈指の投手だったんだ、でも勝ち星は上がらなかったね」

 いや、これでも後半戦のダルビッシュのすごさはわからない。

【次ページ】 奪三振と与四球の数字がすごい!

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダルビッシュ有
クレイトン・カーショウ
ジャスティン・バーランダー
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ