SCORE CARDBACK NUMBER

盛り上がる大日本プロレス。
秘訣は二本立て&地域密着。

posted2019/10/07 07:30

 
盛り上がる大日本プロレス。秘訣は二本立て&地域密着。<Number Web> photograph by Essei Hara

故・橋本真也の長男として絶大な人気を誇る橋本大地。今年は全日本のチャンピオン・カーニバルにも参戦した。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 現役最年長レスラー、77歳のグレート小鹿会長率いる大日本プロレスが熱い。

 インディー系団体のリーダーと言える大日本は11月4日、東京・両国国技館で開催予定の年間最大イベント「両極譚」に向け、総力を挙げて秋本番の戦いを展開している。

 今年で5回目を迎える両国大会、興行の軸は、筋肉のカリスマ関本大介が確立したストロングヘビー級路線と、蛍光灯殴打が売りのデスマッチ路線の二本立てだ。

 そのメーンは、9月15日に行われた横浜文化体育館大会の結果によって決まった。BJW認定世界ストロングヘビー級選手権は、王者・佐藤耕平(ZERO1)が新鋭・神谷英慶を17分34秒、パイルドライバーからの片エビ固めで下し、初防衛に成功した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

秋競馬「ディープを超えろ」/ラグビー日本代表「撃破」

関連記事

橋本大地
大日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ