スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディー「君には弟がいるかね?」
会見に感じたティア2国への敬意。

posted2019/09/27 17:00

 
エディー「君には弟がいるかね?」会見に感じたティア2国への敬意。<Number Web> photograph by Getty Images

日本にいるとつい忘れそうになるが、エディー・ジョーンズはやはりラグビー界のスーパースターなのだ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 やっぱり、エディー・ジョーンズの会見は楽しい!

 キャッチーなフレーズがバンバン飛び出してくるし、なによりラグビーに対する見方を教えてくれる。アメリカとの試合前日には、このようなコメントが出た。

「われわれは、15人のドナルド・トランプを相手にすることになるだろう」

 若干、謎。中身もない。

 しかし、メディアにとっては格好の材料で、世界中に電子版を通してこのフレーズは拡散された。

 これに対し、アメリカのゲイリー・ゴールド監督はこんな形でスルーしていた。

「言っている意味が、よく分からないんだが……」

 拡散という点で見れば、会見での情報戦はエディーさんの圧勝。そして試合もそうなった。

ジョークを飛ばすご機嫌なエディー。

 神戸に2万7194人を集めた試合は、イングランドが45-7とアメリカを一蹴した。いつも、世界の強国としてのプライドだけは失わないアメリカなのに、イングランドの強力な圧力に計り知れないダメージを受け、試合終盤には規律まで失って散々な内容となった。

 やっぱり、イングランドは強い。

 試合終了後の会見場に、エディーさんはニコニコしながら入ってきた。そしてすぐにジョークを飛ばした。

 この試合、イングランドのイケメン司令塔のオーエン・ファレルが、アメリカのジョン・クイルにノーバインドの危険なタックルを受け、倒れた。それについて、ひと言。

「危うく、彼の鼻の一部分をバーベキューにするところだったよ。でも、誰かが気づいたみたいだ。彼にとってはとても不運なことだが、彼は結婚しているし子どももいるので、新しく若い女性を見つける必要はないので、まあ大丈夫でしょう」

 ご機嫌である。

【次ページ】 「ティア2は弟なんだ」と一喝。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ