野球のぼせもんBACK NUMBER

耳を疑った武田翔太の中継ぎ起用。
工藤采配に選手への「愛」はあるか? 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/09/25 20:00

耳を疑った武田翔太の中継ぎ起用。工藤采配に選手への「愛」はあるか?<Number Web> photograph by Kyodo News

波紋を呼んだ武田の登板があった21日は、レギュラーシーズンの本拠地最終戦。試合後、場内を一周する工藤監督の表情も冴えない。

コンディションに配慮してきた工藤監督。

 工藤監督はスポーツ医学や運動生理学に精通しており、選手のコンディショニングには他の誰よりも気配りをする監督だ。「彼らには長くプロ野球を続けてほしいから」。我が子のように愛情を注ぐ監督なのだ。

 だから、納得がいかないのだ。プロ野球人としてこの局面で「投げる」という選択肢も否定はできない。ならば、先発で起用するべきだったのではなかろうか。

 24日、ホークスが敗れてライオンズが勝利した。大熱戦のパ・リーグペナントレースの決着はついた。

 しかし、戦いはまだ終わりではない。クライマックスシリーズが待っている。そしてホークスにとっては、それを勝ち抜いて球団史上初となる3年連続日本一という頂への挑戦がこの先も続く。どんな結果であれ「やりきった」と胸を張れるフィナーレを――。

 心から、そう願っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
武田翔太

プロ野球の前後の記事

ページトップ