テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみ、喧騒から1年後の凱旋。
「大阪で勝つのイイんじゃないかな」 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/09/20 11:50

大坂なおみ、喧騒から1年後の凱旋。「大阪で勝つのイイんじゃないかな」<Number Web> photograph by Getty Images

和やかな表情で会見に臨んだ大坂なおみ。1年前の全米制覇時とは少し違う雰囲気を漂わせる。

「大阪で勝つのはなんかイイ」

 ジェットコースターのような1年あまりを、振り落とされまいとがんばってきた21歳は静かに語った。 

「私はもうナンバーワンでもないし、ここでタイトルをディフェンドする立場でもない。ただ、ここでどうしても勝ちたい。私が大阪で勝つっていうのはなんかイイんじゃないかなと思うし」

 生まれた町だから。名前も同じだから。

 そう解釈していいはずだが、初戦のテニスは<プレミア>にカテゴライズされるこの大会で優勝するレベルではなかった。立ち上がりが悪く、2度のブレークを許して0-3と一気にリードを許した。

 持ち味のパワーを発揮して逆転したが、試合を通してファーストサーブの確率が低く、おかしたダブルフォルトは6本。ウィナーも多いがミスも多いという粗いテニスだったが、ただこの相手に勝つには十分だったという内容だ。

「でも私はパワープレーヤーだから」

「立ち上がりはただちょっと調子が出なかっただけ。でも私はパワープレーヤーだから、試合の主導権を握るのは自分だという思いがあった。アンフォーストエラーの数を減らせば勝てるということはわかっていた」

 やるべきテニスはわかっている。ただこのままではいけない。

 準々決勝の相手は3連敗中のユリア・プティンセバと決まった。世界ランキング36位の小柄なプレーヤーだが、ガッツあふれるファイターで、しぶとい上に頭脳派で技巧派。

 まずはこの難敵を突破し、週末は多少ベタでも「大阪で大坂フィーバー!」と盛り上がるのがなんかイイんじゃないかと思うが、さて実現するだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
大坂なおみ

テニスの前後の記事

ページトップ