メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

10年ぶりのワールドシリーズへ、
盟主ヤンキースの役者が揃った。

posted2019/09/21 08:00

 
10年ぶりのワールドシリーズへ、盟主ヤンキースの役者が揃った。<Number Web> photograph by Getty Images

昨シーズン19勝を挙げたセベリーノ。規定投球回に到達した先発投手でメジャー最速の平均球速を誇ったエースの帰還で投手陣は盤石に。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2009年以来、10年ぶりの世界一を目指すヤンキースの戦力が、シーズン佳境を迎え、ようやく整備されてきた。

 開幕前から右肩痛などで離脱していた快速右腕ルイス・セベリーノが9月17日、エンゼルス戦で今季初先発のマウンドに向かい、4回2安打無失点と好投した。依然として「試運転」の段階でもあり、67球で交代したものの、最速99マイル(約159キロ)をマークし、4三振を奪うなど、ブランクを感じさせないプレートさばきで、復活を印象付けた。

 登板後のセベリーノは、人懐っこい笑顔でリハビリの日々を振り返った。

「ここまで長かった。ただ、準備はできていたし、とてもいい感じだった。やっとチームの手助けができてうれしいよ」

 ベンチから見守ったアーロン・ブーン監督も、納得の表情でキーマンの投球にうなずいた。

「とてもいい投球だったし、大きなステップになった。もっと良くなる余地はあるし、とても心強い一歩だった」

故障禍に悩んだチームがついに。

 2日前の15日に復帰した救援右腕デリン・ベタンセスは、わずか1試合に登板した後、再び故障離脱したものの、野手陣ではジアンカルロ・スタントン、ゲイリー・サンチェスら大砲が、最終戦までには復帰する見込み。苦しかった時期を越え、着実に追い風が吹いてきた。

 今季のヤンキースは、相次ぐ「故障禍」に悩まされてきた。セベリーノ、ベタンセスだけでなく、野手陣でもアーロン・ジャッジ、アーロン・ヒックス、スタントンら主軸を欠く期間が長く、ベストメンバーで戦った試合は、ほぼ皆無に近かった。

 それでも、経験の浅い若手が、予想を遙かに上回るスピードで成長し、主力不在の穴を埋めた。先発では出場停止処分を受けたもののドミンゴ・ヘルマンが18勝(9月17日現在)を挙げ、ローテーションの柱として活躍。野手では、ジョバンニ・ウルシェラが打率3割、20本塁打をマークするなど、チームの不測の事態を自らのチャンスに変え、しっかりとものにしてきた。

【次ページ】 ポストシーズンはダブル先発も。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ニューヨーク・ヤンキース
ルイス・セベリーノ

MLBの前後のコラム

ページトップ