フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

羽生結弦、演技点8点台のカラクリ。
4回転アクセル成功に向けた兆しも。
 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2019/09/19 20:00

羽生結弦、演技点8点台のカラクリ。4回転アクセル成功に向けた兆しも。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

4回転アクセルについては「試合と両立してトレーニングしていかないといけない」と話す羽生。

4回転アクセルを成功させるために。

「GOEが伸びないなと思って止めちゃってました。でも実際にはツイズルからの入り方は、ひと味違って、曲には一番合ってるので、やりたかった」

 すると今季は、4回転アクセルの練習に本格的に挑むため、「カウンター」や「イーグル」から踏み切るのではなく、シンプルな助走でアクセルを跳ぶ練習を繰り返した。4回転アクセルを成功させるためには、難しい跳び方をすることよりも、「質の良いトリプルアクセル」が重要。結果的にそれが好影響し、ツイズルのあとトリプルアクセルを跳ぶと、飛距離や高さが伸び、ジャッジ4人が「+5」を出した。

「4回転アクセルの練習をするのに普通の入り方からやっていて、それがツイズルからのトリプルアクセルにプラスに働きました。トリプルアクセルに余裕が出てきているかな」と手応えを感じていた。

 今、彼の目に映るものは、大技4回転アクセルのみ。今はその過渡期だ。今回のオータムクラシックは、夢にむかって全力で集中している羽生の姿勢を改めて認識する試合だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
羽生結弦
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ