プレミアリーグの時間BACK NUMBER

“1ミリ”も見逃さないVAR導入で、
プレミアリーグは何を失うのか? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/08/27 11:00

“1ミリ”も見逃さないVAR導入で、プレミアリーグは何を失うのか?<Number Web> photograph by Uniphoto Press

VAR判定によって判定の精度が向上するのは間違いない。その一方でサッカーの醍醐味を欠くようになるとの意見も多い。

露骨な判定ミスは誰もが御免だが。

 ウェストハム戦でのスターリングのオフサイドにしても、カメラの誤差と同等と言える、極めて微妙な世界である。主審と副審の肉眼が捉えたオンサイドを、紛れもない誤審だと責める者など誰もいなかったはずだ。

 主審の露骨な判定ミスで試合が台無しになるのは誰もが御免だが、ネットが揺れても、観衆が黙ってビデオ判定を待っているようなムードは勘弁してもらいたい。

 開幕2試合でゴールの喜びをもたらした選手の1人に、ノリッチのティーム・プッキがいる。

 第2節でのハットトリックを含む計4得点を挙げ、昇格組のチームを支えている。そんな29歳のフィンランド代表ストライカーにはさっそく、プレミアDF陣が対応に注意すべき「ゴール前の刺客」という評判が立っている。プッキと同じくではないが、プレミア審判団もビデオ判定の扱いには注意がいる。

 人間の感情を度外視して事実だけを追求するようでは、VARというニューフェイスは「パッション・キラー」という好ましくないニックネームを頂くことになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
マンチェスター・シティ
ガブリエル・ジェズス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ