SCORE CARDBACK NUMBER

兄弟子の白鵬から猛烈指導。
炎鵬が見せた笑顔と号泣。

posted2019/08/25 09:00

 
兄弟子の白鵬から猛烈指導。炎鵬が見せた笑顔と号泣。<Number Web> photograph by Manami Takahashi

宮城野部屋で白鵬と稽古をする炎鵬。何度も投げられる弟弟子に、横綱から「もいっちょ」という低い声が飛んだ。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Manami Takahashi

 もはや角界一の人気力士と言っても過言ではない、幕内随一の小兵・炎鵬。7月名古屋場所では、入幕2場所目にして悲願の勝ち越しを決め、技能賞をも受賞した。

 思い返せば新入幕として臨んだ先の5月夏場所では、千秋楽の松鳳山戦での熱戦も虚しく、負け越しが決定。花道で涙を見せたほどに悔しい“幕内デビュー場所”となった。

「この日から、『来場所は絶対に勝ち越す』と心に誓ったんです。そのためにこの2カ月間、みっちりとやってきました」

 そう炎鵬が振り返る。その言葉通り、場所後からすぐさま始動。横綱白鵬の胸を借り、本場所さながらの白熱した三番稽古を繰り返して来た。この時、「新入幕の目標を“10勝しての三賞受賞”としていたんですが、どこかいいところを見せようとして平常心じゃなかったのかも。目標の数字を意識しすぎて、純粋に『勝ちたい!』という気持ちを忘れていた」と自身を冷静に省みていたものだった。負け越したものの幕内残留の成績でもあり、7月名古屋場所の目標を問うと、「もう数字は一切口にしません」と笑顔を見せ、翌場所に向けて心を切り替えてもいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 419文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の奇跡の物語>甲子園旋風録。

関連記事

炎鵬
白鵬

相撲の前後の記事

ページトップ