SCORE CARDBACK NUMBER

“決勝登板回避”は海を越えて。
先駆者たちからあふれた思い。
~ダルや菊池雄星が声をあげる訳~

posted2019/08/11 15:00

 
“決勝登板回避”は海を越えて。先駆者たちからあふれた思い。~ダルや菊池雄星が声をあげる訳~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

決勝戦後「監督の判断なのでしょうがないです」と話した佐々木。今後は侍ジャパンU18代表への選出が濃厚だ。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 日本の高校球界で育ててもらったからこそ、メジャーリーガーの口からも、先輩としての思いがあふれ出た。大船渡・佐々木朗希が地方大会決勝戦の登板を回避したことは太平洋を隔てた米国でも話題を集めた。マリナーズ菊池雄星は、母校・花巻東の優勝を称える一方で、佐々木の立場を思い遣った。監督の決断に関しては「僕らがいろいろと言及する問題でもない」と断った上で、同じ投手として夏の甲子園大会の在り方に、私見として問題を提起した。

「過密日程にさせてしまっているということを、もう少し全体的に考えていかないといけないのかなと思います。佐々木君に限らず、毎年、投げ過ぎというのは話題として出るので、そこはクリアしていかないといけない時期に来ているんじゃないかと思います」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

佐々木朗希
菊池雄星
大谷翔平

高校野球の前後のコラム

ページトップ