SCORE CARDBACK NUMBER

堀口恭司の2団体ベルト獲得で
高まるMMA世界統一の機運。
~UFC独占契約の一歩先へ?~

posted2019/07/08 15:00

 
堀口恭司の2団体ベルト獲得で高まるMMA世界統一の機運。~UFC独占契約の一歩先へ?~<Number Web> photograph by AFLO

堀口にとって2度目となった海外での世界タイトルマッチ。5分5Rを終え、日本人初の北米メジャー世界王者に。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

AFLO

 6月14日(現地時間)、米国ニューヨークで行なわれた『Bellator222』で堀口恭司がダリオン・コールドウェル(米国)に挑戦したベラトール世界バンタム級タイトルマッチは、MMA世界統一へ向け一石を投じる一戦となった。結果は接戦の末、堀口が3-0の判定勝ち。UFCに次ぐ北米メジャータイトルを日本人選手として初めて獲得した。

 昨年大晦日、両者はRIZINで初めて対戦している。この時は2Rまで堀口が劣勢だったが、3Rに逆転TKO勝ちを収め、RIZIN世界バンタム級王者に。それだけに今回再戦が決まるや、現地では現役王者対決として大きな話題となっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 614文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロレス総選挙THE FINAL

Sports Graphic Number 981

プロレス総選挙THE FINAL

 

関連記事

堀口恭司
ダリオン・コールドウェル
UFC
RIZIN

格闘技の前後の記事

ページトップ