SCORE CARDBACK NUMBER

海外スケーターを抑え初優勝。
中1・岡本碧優の尽きぬ伸びしろ。
~女子スケボーの金メダル候補~

posted2019/07/06 15:00

 
海外スケーターを抑え初優勝。中1・岡本碧優の尽きぬ伸びしろ。~女子スケボーの金メダル候補~<Number Web> photograph by AFLO

デュー・ツアーの格付けは世界選手権の次に重要な「プロツアー大会」。世界の強豪を相手に初優勝を果たした。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

 東京五輪の新競技であるスケートボードの女子パークに、若き金メダル候補が誕生した。6月13日から16日まで米国で行なわれたデュー・ツアーで中学1年生の岡本碧優(みすぐ)が63.16で初優勝。東京五輪につながる予選大会で昨年の世界選手権金銀メダリストである四十住(よそずみ)さくらと中村貴咲、さらに本場米国などのトップスケーターらも抑えて頂点に立ち、世界をアッと言わせた。

「優勝できるとは思っていなかったので、びっくりしました」。本人も驚きを隠せない様子だが、滑りのインパクトは結果通りだった。持ち味であるスピードやエアーの高さが際だっていた。中でも圧巻は空中で斜め軸で体を1回転半させる「バックサイド540」。女子選手が公式戦で決めたのは世界初だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡本碧優
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ