SCORE CARDBACK NUMBER

米ドラ1新人がソフトバンクに。
評価を受けた日本の育成力。
~成功すれば一気に拡大の可能性~

posted2019/06/24 10:00

 
米ドラ1新人がソフトバンクに。評価を受けた日本の育成力。~成功すれば一気に拡大の可能性~<Number Web> photograph by KYODO

背番号は「2」を選んだスチュワート。「(2番には)あまり投手のイメージがないから、先駆けになれるように」。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 日本のみならず、米国球界に波紋を広げる一報だった。昨年の全米ドラフト1巡目でブレーブスから指名されながらも交渉が成立しなかった、快速右腕カーター・スチュワートが、ソフトバンクと正式契約を交わした。5月30日には、米カリフォルニア州内の代理人事務所で入団会見を行った。

「最初は少し驚いたが、最終的に自分にとってベストの決断だと思った。話せば話すほど、すばらしい機会だと感じた」

 米メディアなどによると、6年契約で総額700万ドル(約7億7000万円)。出来高などを含めると、1200万ドル(約13億2000万円)前後までアップする契約と見られている。もっとも、今季のドラフトでも上位指名される可能性が高かったスチュワートの日本行きは、金銭面などの条件だけでは計れない。代理人のスコット・ボラス氏は、日本行きを推進した最大の理由として、大谷翔平ら高卒の日本人メジャー投手を例に挙げつつ、日本の優秀な育成システムを挙げた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
カーター・スチュワート・ジュニア

MLBの前後のコラム

ページトップ