サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森保流3バックは想像以上に有望?
修正点は山積だが、メリットは明白。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/06 12:00

森保流3バックは想像以上に有望?修正点は山積だが、メリットは明白。<Number Web> photograph by Getty Images

短い準備期間の中、W杯予選を見据えた3バックをテストした森保一監督。

「トップ下」不在での連係。

 選手同士をつなぐブリッジ役としてのトップ下を持たないなかで、前線がいかに有機的に絡んでいくのかも、これから詰めていく必要がある。

 4-2-3-1で戦ってきたこれまでに比べると、とりわけ前半は堂安と中島の連係が薄かった。大迫も加えた3人が、ワンタッチを混ぜながらテンポよくボールを動かすシーンも限られた。お互いの長所を引き出す化学反応に乏しかったのだ。

 ともあれ、初めての3バックである。1点でも入っていれば、試合後の印象はまったく違っていただろう。

 保有戦力を生かせるシステムでもある。この試合で3バックを組んだ冨安、昌子、畠中だけでなく、CBには吉田麻也、植田直通、槙野智章、三浦弦太らもいる。高さのある3人を同時起用できることで、リスタートの制空権争いを強みにできる。小柄ながら空中戦でも強さを発揮できる遠藤航がボランチで出場すれば、ゴール前の迫力はさらに厚みを増す。ディフェンシブな相手と戦うことの多いW杯予選では、威力を発揮するだろう。

 W杯予選を控えたチームに、3バックへのトライは必要なものだった。スコアレスドローも悪くはない。

 新たなシステムがいきなり勝利につながると、チームが楽観的なムードに包まれてしまう。森保監督と選手たちが望まなくても、必要以上に成果が強調される。足りないものをどん欲に追い求める飢餓感が、成長過程のチームには不可欠なのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
冨安健洋
昌子源
中島翔哉
堂安律
大迫勇也
畠中槙之輔

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ