スポーツ仕事人BACK NUMBER

下条紀臣(用具メーカーの選手担当)
~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~

posted2019/06/09 08:30

 
下条紀臣(用具メーカーの選手担当)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Shinya Kizaki

下条紀臣さん。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Shinya Kizaki

【用具メーカーの選手担当】
自社のスポーツ用品をトップ選手に使用してもらう。多くのメーカーが実践している販促活動の1つだが、テニスの場合、担当者の仕事内容は、発掘から交渉、サポートまでとにかく幅広い。ラケットメーカーに聞いた。

 どんなに優れた用具を作っても、良さを知られなければ使ってもらえない。テニスのラケットであれば、いかにスター選手と契約できるかが売上に大きく影響する。ヨネックスの下条紀臣はテニス国際選手担当として世界中を飛び回っている。

「選手とファミリーになってともに成長し、グランドスラム優勝を目指すのが私たちの仕事。ドイツ在住の担当者を入れた計3人で、下は12歳から上は大坂なおみ選手といった世界のトップまでカバーしています。年の約3分の1は海外ですね」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

下条紀臣

テニスの前後のコラム

ページトップ