SCORE CARDBACK NUMBER

ニキ・ラウダ死す。
伝説のレース人生に合掌。
~生身の彼の消えない記憶~

posted2019/06/06 15:00

 
ニキ・ラウダ死す。伝説のレース人生に合掌。~生身の彼の消えない記憶~<Number Web> photograph by AFLO

'76年、富士スピードウェイの決戦前に話し合うラウダ(左)とハント。神話的なライバル関係は後に映画化された。

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 チーム・スタッフに聞くと「ニキはキャンピングカーにいる」と言われた。ドアをノックし出てきた人に、少しインタビューできないかと頼んだ。ダメかと思いながら待っていると本人が現れた。目と目が合った。

 数十cmの距離で大火傷を負った顔を見た瞬間、怖くなった。'76年ドイツGPの炎上事故後、イタリアGPから復帰。首位ラウダ対ハントの最終決戦「F1世界選手権イン・ジャパン」(富士スピードウェイ)での出来事だ。

 頭が真っ白になり、質問ができない。とにかく会釈する。傷跡を正視できずおどおどと、拙い取材を始めた。移植された周りの皮膚のせいか目は冷たく、表情がない。それでも日本の若い記者に平然と応じる余裕を感じた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ニキ・ラウダ

F1の前後のコラム

ページトップ