ル・マン24時間PRESSBACK NUMBER

競争激化の今年のル・マン24時間。
トヨタが日本車初の連覇に挑む。 

text by

古賀敬介

古賀敬介Keisuke Koga

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2019/06/12 14:00

競争激化の今年のル・マン24時間。トヨタが日本車初の連覇に挑む。<Number Web> photograph by TOYOTA

昨年、念願のル・マン初制覇を達成したトヨタ。ウイニングパレードをするアロンソ(左)、ブエミと中嶋(車内)。

ほんの小さなミスで勝利は遠のく。

 どれだけ入念に準備を行なっても、なかなか完璧を得られないのが耐久レースの難しさ。特にル・マンは予期せぬ出来事が次々と起る、気まぐれな女神のレースだ。

 ここまではトヨタの2台が有利にシーズンを戦ってきたが、ル・マンではさらなる性能調整が行なわれる。直前に行なわれたテストデイでは、ノンハイブリッド勢のスピードアップが著しく、性能差は大きく縮まったように思える。

 トヨタにとっては、ほんの小さなミスで勝利を失いかねない、シビアな状況といえる。特に、直線スピードではライバルにアドバンテージがあるため、これまで以上にオーバーテークが難しくなり、接触のリスクも増える。

 6月15-16日に行なわれる“2度目の”ル・マン24時間は、スーパーシーズンのクライマックスを飾るにふさわしい、タフな展開のレースになるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3

ページトップ