高野進の名言 

今日の名言 

忍者が知らない間に、さっと渡していく。そんな形をイメージしていた。

高野進(陸上)

2019/06/09

今や日本の“お家芸”となりつつある、陸上男子の4×100mリレー。その生命線である「アンダーハンドパス」を導入したのは2001年シーズンのことだった。「利得距離よりも、近づいて完全に、かつ高速で渡す。日本人らしい美しいバトンワーク」と高野はメリットを説明する。その言葉通り、アンダーハンドパスを取り入れて以降の日本の台頭は著しく、2004年アテネ五輪で4位、2008年北京五輪では塚原直貴、末續慎吾、高平慎二、朝原宣治の4人によるバトンリレーが決まり、メダル獲得に至った。忍者のような“秘伝の術”はもちろん、桐生祥秀や山縣亮太ら東京五輪を目指すスプリンターたちにも継承されている。

Number977号(2019/04/25)

平成五輪秘録。

Sports Graphic Number 977

平成五輪秘録。

 

人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ