猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ新顔はT-岡田ならぬ「K-鈴木」。
プロ初勝利で掴んだ自信と課題。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/31 11:15

オリ新顔はT-岡田ならぬ「K-鈴木」。プロ初勝利で掴んだ自信と課題。<Number Web> photograph by Kyodo News

西村徳文監督(左)に祝福されるK-鈴木。今季4度目の先発となった5月18日西武戦でプロ初勝利を挙げた。

「しっかり試合を運べないと」

 その高城も「ひどかったです」と苦笑した。

「まっすぐが、スピードもなかったし、垂れたりシュートしたり。前回の登板(楽天戦)はフォークをほとんど使わなかったんですけど、今日はまっすぐがあんな感じだったので、使うしかないなと。フォークは揺れてて捕りづらいんですけど、後ろにそらしたとしても、今日は使うしかないと。それでなんとかなったかなという感じです」

 打線は不振の中でも2点をもぎ取り、この日はリリーフ陣が1点差を守りきって、K-鈴木にプロ初勝利をプレゼントした。

 ただ、念願の初勝利に、安堵はしたが、爆発的な喜びはなかった。

「内容が内容なので。嬉しいのは嬉しいんですけど、もうちょっとしっかり試合を運べないと」

 新境地を見たK-鈴木にとっては、初勝利は通過点にすぎない。今後、ベストピッチングを数多く重ねて、信頼と存在感を増していく。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
K-鈴木
高城俊人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ