猛牛のささやきBACK NUMBER

オリ新顔はT-岡田ならぬ「K-鈴木」。
プロ初勝利で掴んだ自信と課題。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/31 11:15

オリ新顔はT-岡田ならぬ「K-鈴木」。プロ初勝利で掴んだ自信と課題。<Number Web> photograph by Kyodo News

西村徳文監督(左)に祝福されるK-鈴木。今季4度目の先発となった5月18日西武戦でプロ初勝利を挙げた。

自信を得るも、試練は続く。

 制球力の向上が、K-鈴木に自信をもたらしていた。今季からチームに加わった中垣征一郎育成統括ゼネラルマネージャー補佐兼パフォーマンス・ディレクターと行ったトレーニングで、体重移動がスムーズになったおかげだという。

「去年は指にかかったボールでも、バーンと抜ける球がたくさんあった。体重移動がよくなくて、力の向かう方向がずれていたからなんですが、今はそれを修正して、まっすぐにバッターに向かっていけている。だからゾーンに強い球を投げられています」

 初白星が逃げていったことについては、「勝ち負けはもう仕方ないです。勝負の世界で、みんな一生懸命やった結果なので」とサバサバしていた。

 ところがそこから試練が続いた。

 2度目の登板となった5月5日の福岡ソフトバンク戦は、1イニング3失策という守備の乱れに足を引っ張られ、7回7失点で敗戦投手に。5月11日の東北楽天戦は再び7回4安打無失点と好投したが、援護がなく、勝利はつかなかった。

 この時はさすがに「我慢ですね」と苦笑していた。

「勝ち負けはもうこだわりはないですね。余計なことを考えて、自分の持ち味が出なくなるのが一番嫌なので」

プロ初勝利は「ひどかった」投球内容。

 しかし不思議なもので、理想とは程遠い投球の日に、白星がついてきたりする。

 今季4度目の先発となった5月18日の西武戦は、K-鈴木自身「ひどかった」と振り返ったようにストレートが走っていなかった。ボール先行の苦しい投球となり5四球を与えたが、それでも「とにかく一発だけは注意して、低め低めを意識して」、5回2/3を1失点でしのいだ。

 試合後、K-鈴木は、「ジョーのおかげ」とバッテリーを組んだ同級生の捕手、高城俊人に感謝しきりだった。

「今日は感覚的に悪かったんで、どういう風に組み立てようかなと思ったんですが、本当にしっかり、高城がバッターをよく見てリードしてくれたんで、試合を作ることができました。

 途中でジョーに『なんで今日カーブ使わないの?』って聞いたら、『今日はまっすぐが来てないから、カーブ投げても、緩急にならないからたぶん打たれる』って。今日はもうジョーに任せるしかないなと思いましたね」

【次ページ】 「しっかり試合を運べないと」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリックス・バファローズ
K-鈴木
高城俊人

プロ野球の前後のコラム

ページトップ