プレミアリーグの時間BACK NUMBER

マンCのプレミア連覇を濃厚にした、
主将CBコンパニ「運命」の一撃。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/11 17:00

マンCのプレミア連覇を濃厚にした、主将CBコンパニ「運命」の一撃。<Number Web> photograph by Getty Images

2008年にマンチェスター・シティに加入したバンサン・コンパニ。今季初ゴールとなった豪快な一撃でリーグ連覇に王手をかけた。

シティは勝てばプレミア連覇。

 レスター戦でのコンパニは、CBとしてのスポットライトを、一時的にでもリバプールのビルヒル・ファンダイクから奪うことにも成功した。すでにプロ選手協会の投票で今季の年間最優秀選手賞に輝いているファンダイクを擁するライバルは、CL準決勝第2レグで、バルセロナ相手の大逆転勝利で気焔を吐いた。

 しかし、この奇跡にも近い逆転劇は、欧州の血統を持つリバプールが昨季決勝で涙を飲んだ雪辱を期す「運命」を思わせる。

 その一方、プレミアではマンCが勝利すればタイトルに届かない。悲運な敗者としての心の痛みを和らげる欧州制覇になると考えれば、ますますマンC連覇への流れを感じる。

 運命の5月12日。全10試合同時キックオフで行なわれる今季最後のリーグ戦は、2位リバプールが強豪戦に強いウォルバーハンプトンを下しても、首位マンCがブライトンを下せばプレミア連覇が決まる。

 その前週にコンパニが決めた、一生に一度の一撃と言って差し支えのない、強烈で、劇的で、そして感動的なミドルシュートのおかげで。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マンチェスター・シティ
リバプール
ヴァンサン・コンパニ
ジョゼップ・グアルディオラ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ