F1ピットストップBACK NUMBER

「セナの死」は生かされているか?
F1でマンホール蓋直撃の珍事故。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/07 11:05

「セナの死」は生かされているか?F1でマンホール蓋直撃の珍事故。<Number Web> photograph by AFLO

財政難もあって苦戦続きのウイリアムズに手痛い事故。レース主催者が損害を補償すると伝えられた。

セナの事故から25年。

 さらに言えば、そのコースを走るドライバーや、自分たちのマシンを走らせるチーム関係者にもコースを下見し、異変があれば、それを指摘する義務があった。

 かつてセナは、事故があればその場所を訪れ、疑問があればFIAのスタッフに尋ねていたものだったが、今回の事故後、外れたマンホールがあった場所を訪れたドライバーは何人いただろうか。 

 セナの事故から25年。もう、セナとともにレースをしたドライバーは1人もいなくなった。さらに今季参戦する20人中8人はセナの死亡後に生まれた新しい世代だ。 

 信じられないような事故に見舞われながらも、アゼルバイジャンGPでは誰もケガをしなかった。それを不幸中の幸いという言葉で片付けてはならない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウイリアムズ
クレア・ウイリアムズ
ジョージ・ラッセル
アイルトン・セナ

F1の前後のコラム

ページトップ