競馬PRESSBACK NUMBER

初代ヴィクトリアマイル制覇コンビ。
北村宏司とダンスインザムードの絆。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/07 07:30

初代ヴィクトリアマイル制覇コンビ。北村宏司とダンスインザムードの絆。<Number Web> photograph by Kyodo News

2006年、第1回ヴィクトリアマイルで優勝したダンスインザムードをねぎらう北村宏司騎手。

秋の失敗を糧にして、GI初制覇。

「良いリズムで思っていた通りに走らせることができました」

 直線では「早目に動いて差された秋の天皇賞が頭を過り、出来る限り我慢させた」と言う。その上で追い出すと、右へモタれるシーンはあったものの、2着エアメサイアに1馬身1/4差をつけて先頭でゴール。

 ダンスインザムードにとっては2年前の桜花賞以来、北村騎手にとってはデビュー8年目で嬉しい初GI制覇となった。

「藤沢先生からは『おめでとう。でもまだ仕掛けが早かったな』と言われました」

 そう言って苦笑した北村騎手は、その直後、ウィナーズサークルで初のGI勝利を実感する事になる。

「客席にいるはずの父の姿を探したけど、さっき(第7レース)とは違い、ものすごい数の人がいたので、どこにいるのか見つけられませんでした」

 これがGIなんだなぁ……と北村騎手は思った。

 さて、今年のヴィクトリアマイルはどんなドラマが待っているだろうか。良いレースと良い物語を期待したい。

 なお、北村宏司騎手は3月2日の中山競馬で落馬し、現在、治療による長期の休業を余儀なくされている。1日も早く元気な姿で戻って来てくれる事を願いたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ダンスインザムード
北村宏司
藤沢和雄

競馬の前後の記事

ページトップ