サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

平成日本サッカーの夜明け(3)
1995年のワールドユースが変えた物。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/29 10:30

平成日本サッカーの夜明け(3)1995年のワールドユースが変えた物。<Number Web> photograph by AFLO

1995年ワールドユース、ブラジル戦の安永聡太郎。日本はベスト8進出を果たし、安永はアトランタ五輪最終予選メンバーにも名を連ねた。

調査チーム、食事もようやく整備が始まる。

 オフ・ザ・ピッチでは、対戦相手のスカウティングが充実した。「相手を分析して自分たちと照らし合わせれば、世界の強豪ともどうにか戦える」と田中は手ごたえをつかんでいた。

 また、チームスタッフに栄養アドバイザーが加入した。「食事が原因でコンディションを崩すことがほとんどなく、選手たちは万全のコンディションを保つことができた」と田中は言う。ピッチに立つ前から勝負は始まっているという考え方が、世界大会に出場することで育まれていったのである。

 ワールドユースはナイジェリアからカタールに開催国が変更され、当初よりおよそ1カ月遅れの'95年(平成7年)4月に開幕した。日本はチリ、スペイン、ブルンジとのグループリーグを1勝1敗1分の2位で通過した。準々決勝ではブラジルと激突する。12分に奥大介が先制ゴールを奪うが、1-2と試合を引っ繰り返された。

 大会を終えて田中は、こう総括した。

「ワールドユースで同世代と真剣勝負をすることで、選手たちは貴重な経験と大きな自信を得ることができる。同時に、課題も見つかる。日本サッカー界も、強化が必要なポイントを発見できる。日本サッカーと20歳以下の選手たちの将来を考えると、この大会には必ず参加できるようにならないといけないでしょう」

川口、伊東、城に前園や中田。

 '93年のU-17世界選手権に続いて'95年のワールドユースでベスト8入りに貢献した中田は、'96年3月に開催されたアトランタ五輪アジア最終予選でもチームの力となる。

 ワールドユース8強のメンバーでは秋葉と安永も、28年ぶりに五輪予選を突破するチームの一員に名を連ねる。予選に出場しなかった松田は、五輪本大会で最終ラインの一角を担う。

 '92年のアジアユースで3位に食い込み、アトランタ五輪予選での雪辱を誓った川口能活、伊東輝悦、城彰二に前園真聖が加わり、すでに世界で戦ってきた中田らが底上げを促したチームの五輪出場は、短期的な強化の結実ではない。

 日本サッカー夜明け前のJリーグ開幕以前からの取り組みが、同時期に出現したタレントを成長させ、アジアで勝てるチーム力を身に着けることにつながったのだ。

【次ページ】 そして黄金世代へバトンは渡っていく。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ