欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア復帰は「飛ばし」なのか。
香川真司、気になる来季の去就動向。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/21 11:30

プレミア復帰は「飛ばし」なのか。香川真司、気になる来季の去就動向。<Number Web> photograph by Getty Images

レンタル先のトルコで輝きを取り戻しつつある香川。プレミアのクラブは関心を示すか。

古巣マンUが求める選手は……。

 ところで、トップ6は香川に興味を持っているだろうか。独力で局面を打開できる右ウイング、運動量豊富で縦を強く意識できるアンカー、一流どころの右サイドバック、センターバック。ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督がリクエストしたのは、4つのポジションである。

 アーセナルのウナイ・エメリ監督はインテンシティを強く求め、メスト・エジルをベンチから外して物議を醸した。ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、香川の新たな才能が発掘されるのではと期待感を持ちたいが、シティの前線は優れた人材にあふれている。
 チェルシーがマウリツィオ・サッリ監督を留任させるのなら、このクラブもトップ下を必要とせず、トッテナムはクリスティアン・エリクセンがレアル・マドリー、あるいはユナイテッドに移籍したとしても、コンダクターはデレ・アリが第一候補だ。また、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が望むインテンシティを、香川は満たしているだろうか。

恩師クロップも、補強対象ではない。

 さて、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、香川の才能に惚れたひとりである。「オ~、シンジィ~」と相好を崩しながら、日本が誇るプレーメーカーを絶賛するケースもしばしばあった。しかも、リバプールは4月11日、『日本ハム』とパートナーシップ契約を結んだ。さぁ、日本企業の登場である。市場を担当するメディアが香川と強引に結びつけ、「恩師クロップと6年ぶりの再会か」と報じるに違いない。ネタとしては上物だ。

 しかし、リバプールの補強ポイントはウイングと左サイドのバックアッパーであり、このクラブの基本フォーメーションは4-3-3だ。香川が入る余地はなく、日々進化するゲーゲンプレスも、彼のジャンルではない。

【次ページ】 ユナイテッドの犠牲者となった香川。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ウェストハム
ユルゲン・クロップ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ