欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア復帰は「飛ばし」なのか。
香川真司、気になる来季の去就動向。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/21 11:30

プレミア復帰は「飛ばし」なのか。香川真司、気になる来季の去就動向。<Number Web> photograph by Getty Images

レンタル先のトルコで輝きを取り戻しつつある香川。プレミアのクラブは関心を示すか。

ユナイテッドの犠牲者となった香川。

 6年前、当時のユナイテッドを率いていたサー・アレックス・ファーガソンは、ウェイン・ルーニーと香川に攻撃を託そうとしていたが、ロビン・ファンペルシーが突如としてアーセナルから退団したため、急きょプランを変更している。

 後を継いだデイビッド・モイーズはノープランで、ルイス・ファンハールは誇大妄想家だった。香川はユナイテッド混迷期の犠牲者といって差し支えない。

 だからこそ、「このまま終わってたまるか」。プレミアリーグ再挑戦の意思を持っているのなら、勇気ある決断として高く評価すべきだ。モハメド・サラー(リバプール)もケビン・デブライネ(シティ)も、一度はチェルシーで辛酸を舐めながら、こんにちの地位を築いている。

 ただし、香川の特徴が生きるクラブが現状では見当たらない。プレミアリーグならどこでも──は、リスクが大きすぎる。押さば引け、引かば押せ……。エージェントと図りながらメディアも利用し、よりよい環境を探し求めるべきだ。香川を欲するクラブはきっとある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ウェストハム
ユルゲン・クロップ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ