競馬PRESSBACK NUMBER

世界がアーモンドアイにお手上げ。
凱旋門賞で唯一の心配は臨戦過程。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2019/04/02 16:00

世界がアーモンドアイにお手上げ。凱旋門賞で唯一の心配は臨戦過程。<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

世界のホースマンが、アーモンドアイの動向に注目している。今回の勝利でその熱はさらに上がっただろう。

凱旋門賞の懸念はステップレース。

「秋華賞の時は立っていられないほどで少し心配したけど、それに比べれば今は大丈夫です。今回もすぐに回復しました」

 国枝調教師はそう語った。しかしこの症状が懸念材料となり、凱旋門賞の3週間前に同じ舞台で行われるヴェルメイユ賞(GI、3歳以上牝馬)は使わない公算が大のようだ。

 国枝調教師から意見を求められた私は、もう少し間を開けて本番に挑めるレースとして、8月に行われるヨークシャーオークスを推奨したが、果たしてどこを叩く事になるのかはまだ分からない。

 3カ月以上の休み明けで凱旋門賞を制した馬はすでに半世紀以上出ていないだけに、本番までにどういう路線を敷くのか。日本のホースマン達が願い続けて来た頂点についに手が届くのかどうか……。アーモンドアイの課題は臨戦過程となりそうだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
アーモンドアイ
クリストフ・ルメール
国枝栄

競馬の前後の記事

ページトップ