卓球PRESSBACK NUMBER

「卓球年収1億円時代」の到来間近!
水谷隼が年俸を赤裸々に語る理由。 

text by

武田鼎(Rallys編集部)

武田鼎(Rallys編集部)Kanae Takeda

PROFILE

photograph byKei Ito

posted2019/03/28 10:00

「卓球年収1億円時代」の到来間近!水谷隼が年俸を赤裸々に語る理由。<Number Web> photograph by Kei Ito

球が見えにくい現在の水谷は、自身のことを「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」と語っている。

だからこそ「もっと貪欲に」。

 自身が切り拓いたキャリアに続くように、若手たちが続々と台頭している。Tリーグも開幕し、今や、「卓球一本」で食っていくことは不可能ではなくなった。

 だからこそ「もっと貪欲になってほしい」と水谷は指摘する。

「卓球で食っていくことが本当に現実的になってきた。1億円だって夢じゃない。そう考えると、Tリーグができたことは本当にプラスなこと。ロシア時代と比べると本当にありがたい環境ができた。でも、だからこそ貪欲に世界を見据えてほしいんですよ」と語る。

 世界を知る男は2020年以降も続く卓球界の将来を見据える。

関連記事

BACK 1 2 3
水谷隼
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ