野球クロスロードBACK NUMBER

稀勢の里の引退を復活の力に!
楽天・美馬を突き動かす反骨心。

posted2019/03/23 11:00

 
稀勢の里の引退を復活の力に!楽天・美馬を突き動かす反骨心。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

キャンプでは順調な仕上がりを見せた美馬学。再起を目指すチームにとって、心強いピッチャーが戻ってきた。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

 新戦力についつい目が行きがちな開幕直前のプロ野球界。でも、もしかすると……ブレイクの可能性を秘める無名選手が、息を吹き返すベテランが現れるかもしれない。そんな期待を込めて、各球団のダークホース的な選手たちを集めてみました! 今回は復活を期す、東北楽天ゴールデンイーグルス美馬学選手です。

 その文面に、思わず目を疑った。

 1月16日。楽天の美馬学はハワイにいた。昨年の右ひじ手術からリハビリを終え、復活を期して自主トレに励んでいる最中だった。

 朝、目が覚めスマートフォンをチェックすると、画面にメッセージ通知が表示されている。

「えぇ!?」

 一気に目が覚めた。

 それは、横綱・稀勢の里(現荒磯親方)からの「引退報告」だった。

 少し冷静になってから去来した心情を、美馬が教えてくれた。

「怪我の治療を頑張っていたことは知っていたし、本人も『まだいける』と言っていたから。決断するのは相当辛かったと思います。正直、もうちょっとやってほしかったですけど、本人が決めたことですからね」

 プロ野球選手と横綱。

 いずれも、誰もが憧れる肩書である。しかし、多くの興味を引くのは後者だ。

 美馬は、それを分かっている。

元ライバルだった稀勢の里。

 稀勢の里との付き合いは長い。ともに茨城県出身。同い年であり、友人でもある。中学時代は藤代中のエースとして、隣町の長山中でエース兼4番だった彼とライバル関係にあり、しのぎを削り合いながら友好関係も深めていた。

 美馬にとって稀勢の里は、今でも中学から知る「萩原寛」である。その友が、2017年に日本出身者で19年ぶりの横綱に昇進した。美馬自身、同年に初の開幕投手に任命され飛躍のシーズンを迎えようとしていたのだが、大役への意気込み以上に、新横綱とのエピソードを求められたものだ。

 悪い気分はしない。ただ、本心を言えば、少しだけ辟易していた。

「別にいいんですよ。本人も気にしないと思うんで。でも、毎回同じようなコメントをして新聞とかに載っちゃうと、な~んか、僕が便乗している人みたいに思われないかなぁって(笑)。『なんだ、あいつ』って」

【次ページ】 横綱から届いた「2桁勝利おめでとう」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東北楽天ゴールデンイーグルス
美馬学
稀勢の里
荒磯親方

プロ野球の前後のコラム

ページトップ