SCORE CARDBACK NUMBER

残留への武器はひたむきさ。
松本山雅の「前のめり宣言」。
~引いて守る選択肢が消えるJリーグ~

posted2019/03/01 06:00

 
残留への武器はひたむきさ。松本山雅の「前のめり宣言」。~引いて守る選択肢が消えるJリーグ~<Number Web> photograph by Getty Images

2015年以来のJ1を戦う松本山雅。走力と積極的な守備、サポーターの声を武器に、クラブ史上初のJ1残留を狙う。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 どこもかしこも、前のめり――。そんな印象が強い。すでに戦いの火ぶたが切られたJ1リーグのことだ。

 より速く、より前(敵陣)から。

 ざっくり言えば、そうなるだろうか。開幕前のキックオフカンファレンスで多くの指揮官が同じ主旨の発言をしていた。4年ぶりにJ1の舞台に帰ってきた松本山雅の反町康治監督もそのひとりだ。

「強い相手にブロックを敷いて守っても、やられるときはやられてしまう。だったら前から果敢にプレスをかけ、かわされたら必死に(自陣へ)戻るほうがいい」

 J1残留に向けて「前のめり宣言」に至った背景をこう話している。もはや、ひきこもり(籠城戦)の一択では生き残れない、という見定めだろうか。とはいえ、言うは易く、行うは難し。手はずは整ったのか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

松本山雅
反町康治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ