Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<19年ぶりの日本出身横綱誕生>稀勢の里「熱狂の春をもう一度――」 

text by

田井弘幸

田井弘幸Hiroyuki Tai

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/12/28 10:30

<19年ぶりの日本出身横綱誕生>稀勢の里「熱狂の春をもう一度――」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama
綱を取り、怪我を抱えての連続優勝を果たした春。 その後輝きを取り戻すことはできなかったが、完全復活を期す横綱はこの冬、静かに牙を研ぐ。 日本の相撲を救えるのは、彼しかいない。

 太ももにまで届こうかという大きなポリバケツを2個置き、稽古場の上がり座敷に腰掛けた稀勢の里は左右の足をそろりそろりと下ろした。7分目にまで浸された水の中には、無数の氷がびっしりと詰まっている。「うぉぉ……」という呻き声と同時に左右の足を膝付近まで差し入れると、今度はすかさず塩をバラバラとまいた。「塩を入れないとね。0度以下にならないから」。見ているこちらが凍り付きそうになるほどだ。4場所連続休場中と手負いの横綱は「もう一度、自分の体を見つめ直したいと思う。体全体の血流を良くするためには、下半身を強く冷やさなければいけないから」と、顔をしかめながらも涼しげな口調で話す。聞けば途中休場に追い込まれた11月場所終盤からずっと取り入れており、連日約20分間にも及ぶという。

 日本列島に熱狂を巻き起こした1月からカレンダーはどんどんめくれ、季節は巡って冬に舞い戻った。時は師走の12月上旬。東京都江戸川区東小岩の住宅街に構える田子ノ浦部屋。大関髙安とその付け人2人が冬巡業に同行中のため、力士も数えるほどで静かだった。11カ月前、真新しい純白の綱を初めて締め、雲竜型の土俵入りの練習をした稽古場は同じ二所ノ関一門の親方衆や力士、報道陣であふれ返っていた。誰もが土俵に私情を持ち込んではいけないと知っていながら、みんなが笑顔だった。幸せだった光景とは打って変わり、稀勢の里はひっそりとした稽古場の土俵の中をゆったりとしたすり足で何度も往復した。11月場所の休場理由は「腰部挫傷、左足前距腓じん帯損傷で約1カ月間の安静加療を要す」。7月場所で捻挫した左足首、さらには3月場所で負った左上腕と左大胸筋の故障をかばっているうちに腰痛が加わった。冬巡業は全休。日に日に寒さが本格化する季節にたった1人の日本出身横綱は孤独に汗をかき、身を切るような氷水で体を引き締めていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ