Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<美人広報特別対談>
岩元里奈×藤野絵理香「カズさんとの出会いは本当に大きかった」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/03/10 16:00

<美人広報特別対談>岩元里奈×藤野絵理香「カズさんとの出会いは本当に大きかった」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

(左から)岩元里奈さん、藤野絵理香さん。

カズをクラブで長年支えてきたふたりの女性がいる。京都パープルサンガからヴィッセル神戸時代に広報だった岩元里奈。横浜FC広報の藤野絵理香。カズとの出会いから、関係を疑われる苦労まで、ずっとそばにいた彼女たちだけの特別な思い出を語ってもらった。

岩元 私が初めてカズさんに会ったのは、'99年にカズさんが京都パープルサンガに移籍した時の記者会見でした。強化部から初めてカズさんが来るって聞いた時は「マジっ!?」って思いましたね。

藤野 みんなそう思いますよね(笑)。

岩元 当時の京都は、スーパーバブリーな時代でした。'96年にラモス瑠偉さん、藤吉信次さん、翌年には武田修宏さん、松永成立さんが来て、’98年にハンス・オフト監督が来た。さらに森保一さん、黒崎久志さん、大嶽直人さんなど「ドーハの悲劇」のメンバーが集結して、まるでオフトジャパンの再結成みたいで。'99年には横浜フリューゲルスから遠藤保仁選手らも加わり、監督には加茂周さんと賑やかなところに、次はカズさん!? って。わがままで大変な選手だって聞いていたけど、実際にお会いするとあまりにもちゃんとしている人でびっくりしました。かつては取材をすっぽかす選手もいたので、カズさんもそんな感じかなと思っていたら、全然違いました。数多くの取材を、趣旨を納得してクラブのために必要だと思ったら受けてくれましたし。カズさん自身「クロアチアに行って変わった」と言っていましたが、32歳といういい年齢で京都に来たということもあるのかな。


藤野 私はヴィッセル神戸の広報時代が最初です。里奈さんのもとで広報をしていたのでカズさんと接する機会はなかったんですけど、'05年に横浜FCへの移籍会見を神戸でやった時に里奈さんが過労で倒れて。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

岩元里奈
藤野絵理香
三浦知良
京都サンガ
ヴィッセル神戸
横浜FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ