Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<人馬の絆の物語>
テイエムオペラオー&和田竜二「世紀末無敗伝説」 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2016/12/18 17:00

<人馬の絆の物語>テイエムオペラオー&和田竜二「世紀末無敗伝説」<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

和田竜二騎手。

最強馬が窮地に立たされたのは、重賞8連勝をかけた有馬記念。しかし、多くの困難を乗り越えてきた騎手や調教師との絆が、レースの最後に「神様がくれた」という奇跡をもたらした。

 鹿児島県の実業家、竹園正繼(まさつぐ)オーナーと岩元市三調教師は、元々が幼なじみの間柄。騎手時代の岩元がバンブーアトラスで'82年ダービーを勝ったとき、その優勝騎手インタビューを竹園がテレビで偶然見たことをきっかけとして、馬主になりたいと考えるようになったのだという。岩元が調教師として開業するや早速預託契約を結び、馬産地に二人で頻繁に足を運ぶことになる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3656文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

テイエムオペラオー
和田竜二
竹園正繼
岩元市三

競馬の前後の記事

ページトップ