Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<あのヒーローは今>
北の“7割”捕手、糸屋義典。~'04 北海道・駒大苫小牧~ 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/08/19 09:00

<あのヒーローは今>北の“7割”捕手、糸屋義典。~'04 北海道・駒大苫小牧~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

決勝では4安打4打点。「試合に良い当たりをとっておきたくて、打撃練習はしなかった」

そのバットで故郷に錦を飾った男たちは、甲子園で何を得て、その後の人生を送っているのか。北海道の英雄からブラジル出身のスラッガーまで、全国を訪ね歩き、社会に出た彼らの今を追った。
Number Webでは、駒大苫小牧の糸屋義典さんの記事を公開します。

 アテネ五輪開催中の2004年夏、駒大苫小牧によって深紅の大優勝旗が初めて津軽海峡を越えた。チーム打率は、過去最高の4割4分8厘。その中心にいたのが20打数14安打で、7割という驚異的な打率を残した「5番・捕手(3回戦のみ6番)」の糸屋義典だ。

「あれだけ打てたのは甲子園の雰囲気のお陰です。僕はお客さんに注目された方が気持ちが入る。ネクストバッターズサークルから打席に向かうとき、お客さん一人ひとりの表情までじっくり観察してましたから。野球人生でもっとも好調だった数日間でした」


 残る3割の凡打もほとんど芯で捉えていた。ハイライトは済美(愛媛)との決勝。6対9と3点を追う6回裏、無死一塁。送りバントかと思いきや、監督の指示は「ノーサイン」。

「よし、いっちょ狙ってやろうと思いましたね。そうしたら思い通りのボールが来た」

 膝ぐらいの高さの、内よりの直球を振り抜くと、打球は「イメージ通りに」左中間スタンドへ。この一撃で駒大苫小牧は息を吹き返し、13対10で打撃戦を制した。


 糸屋は今、JXエネルギーの室蘭製造所で働いている。会社の軟式野球チームに所属しながら、2人の子育てに奮闘中だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 130文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園 最強打者伝説。

Sports Graphic Number 908・909・910

甲子園 最強打者伝説。

 

駒大苫小牧高校
糸屋義典

高校野球の前後の記事

ページトップ