Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本柔道、復活の切り札>
原沢久喜「でかいこと、成し遂げたいですね」 

text by

柳川悠二

柳川悠二Yuji Yanagawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/06/27 08:00

<日本柔道、復活の切り札>原沢久喜「でかいこと、成し遂げたいですね」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
ロンドンではまさかの金メダルなしに終わった男子柔道。“お家芸”の危機が叫ばれる中で最重量級代表となった、異色な経歴を持つ23歳が語る、大舞台への覚悟とは。

 柔道男子100kg超級の代表レースを制し、リオデジャネイロ五輪への切符を手にした日の夜、原沢久喜は全日本男子監督の井上康生から1本の電話をもらった。

《日本柔道の再建は、お前に託したから》

 原沢にとって井上は、柔道を始めた小学1年生の頃からのアイドルである。

「“あの井上康生”が自分にこんな言葉をかけてくれたというのがまずうれしかったですね(笑)。最重量級の代表になって、国を背負う重みが改めて感じられました」

 100kg超級は柔道母国としての威信にかかわる看板階級である。しかし2008年の北京五輪で石井慧(現格闘家)が金メダルを獲得して以降、日本勢は不振が続いており、世界王者に届いていない。'12年のロンドン五輪後に監督に就任した井上に課せられた命題こそ、最重量級の再興だった。

 初優勝した昨年の全日本選手権から1年、原沢は国際大会で7連勝を飾るなど国内外で無敗だった。代表の最終選考会となる今年の全日本選手権を前に、七戸龍と争う代表レースには「当確ランプ」がついていた。

 ところが、連覇を狙った全日本では、豪快な柔道がなりを潜めた。釣り手と引き手を掴んで万全の体勢に持ち込んでも、そこから先の技が出ない。準決勝まで得意とする内股どころか、技によるポイントが一つもないまま、日本武道館を後にした。

「これまで一度もプレッシャーみたいなものを感じたことはなかった。自分は精神的に強い方だと思っていましたから。あんなに技が出ないのは初めての経験でした。ただ、一度経験していたら対処もできる。大事な舞台の前で良かったと思います」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

原沢久喜
井上康生
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ